So-net無料ブログ作成
検索選択

近況:命日と偲ぶ会 [徒然]

4月11日(火)は妻の命日でした。
平日であったので、帰宅後の19:30から妻の父、母、私の母、娘の5人でいつもの中華のお店で食事会をしました。お店で用意してくれた妻の席に写真を飾り、皆で食事を楽しみました。店主から妻にはビールが供されました。私は10年紹興酒と共に食事を楽しみました。
4月16日(日)に生前の妻と親しい方々と偲ぶ会を開催しました。自宅近く、いつものイタリアンで開催とも思ったのですが、グループは最大10名位までしか対応できず、参加人数が16名となったので、いつものイタリアンができる前まで、妻とも良く行った、車移動で自宅からは少し離れたイタリアンで開催しました。皆妻の事を良く知っている方々であったので、亡き妻を偲びつつ、でも暗くなること無く、美味しいお酒と食事、明るく笑いの絶えない会となりました。きっと天国の妻も喜んでくれたのではないかと思います。食後は店の前で、セルフタイマーを使って皆で記念撮影をしました。また命日前後から、多くの方々が自宅、あるいは妻の実家にお花や、供物を供えていただき、亡き妻を偲んでいただきました。皆に慕われていたんだなぁとつくづく思いました。

子宮がん ブログ紹介サイト
にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ
にほんブログ村

子宮がん ブログランキングへ

子宮頸がん ブログランキングへ

近況:8回目の月命日 [徒然]

今日は妻の8回目の月命日でした。
これまでも月命日、若しくはその前後で良くいくイタリアンか、中華のお店で食事をしています。お店も妻の事を知っているので、人数プラス妻の席を確保してくれており、妻の席にはLサイズの写真フレームに入れた遺影写真を飾って一緒に食事を楽しみます。

ここ数ヶ月のトピックスは、9月に父のお骨を実兄の建てた墓に納骨しました。妻の実家では、将来墓守がいなくても困らないように寺に買ってあった墓(場所のみ)は返却し、両親と飼っている柴犬2匹が入れる樹木葬墓地を購入しました。私は分骨して妻の実家にある骨も納められるように両親の隣の樹木葬場所を購入しました。その隣には独身の妻の弟用の場所をご両親が購入しました。娘には私が亡くなったら、妻同様分骨して妻と同じ鴨川の海に散骨し、残りは妻のお骨とともに樹木葬にしてもらうようにお願いしました。
11月下旬に、娘、私の母、妻の両親、柴犬2匹と共に水上温泉旅行に行きました。妻と行ったことがあるコースを巡りました。

子宮がん ブログ紹介サイト
にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ
にほんブログ村

子宮がん ブログランキングへ

子宮頸がん ブログランキングへ

近況 [徒然]

一昨日、新盆見舞いに来てくれた方への返礼の品を購入するため妻と良く行ったデパートに行きました。無宗教なので特段、新盆自体何をするわけでは無いのですが、慣例的に来てくださる方々もいるので、用意することにしました。実際にデパートに行くと、返礼品だけではなく、妻が好きであったユーハイムの切りたてバームクーヘン、和菓子のすあま、三和の焼鳥、山梨の一宮産、大糖領桃を購入してしましました。デパートのトイレの前で妻を待つことが多かったのですが、いつものトイレの前では妻が歩いて出てくるのではないかと思いました。亡くなったことは判っているのですが、ふとした折に生前の姿を思い出したり、本当に最善を尽くすことができたのだろうか?等々思いだけが巡ってしまう事もしばしばです。早くも4ヶ月、まだまだ4ヶ月と言うところでしょうか。
父のお骨はまだ家にあるのですが、最終的に実兄が墓を購入することとなり、その墓に父を埋葬することになりました。9月下旬にギリシア正教の司祭さんを呼びして納骨を行なう予定です。

子宮がん ブログ紹介サイト
にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ
にほんブログ村

子宮がん ブログランキングへ

子宮頸がん ブログランキングへ

父永眠 [徒然]

妻の海洋散骨から1週間後の6月26日に私の父が永眠いたしました。
去年の夏から施設と病院の間を誤嚥性肺炎で3回入退院を繰り返して、入院の度に主治医には今回はかなり悪いと言われながらも、妻が亡くなるまでの間頑張っておりましたが、6月3日に4回目の入院では、抗生物質の効きも悪く、体力も落ちてきており、やはり先生からは厳しい話をされておりましたが、何とか妻の海洋散骨が終わるまでは頑張ってくれました。特に信仰していたわけでは無いのですが、父が生れた際にギリシア正教で洗礼を受けていたので、ギリシア正教の司祭をお呼びして通夜、告別式、火葬を行ないました。非常にあわただしい日々でした。諸々はまたの機会にお話しできればと思います。

子宮がん ブログ紹介サイト
にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ
にほんブログ村

子宮がん ブログランキングへ

子宮頸がん ブログランキングへ

散骨旅行 [徒然]

6月19日(日)~6月20日(月)にかけて妻の両親と犬達、娘と1泊で散骨に行きました。
前日6月18日(土)の午前中に今回海洋散骨をお願いした海洋散骨めぐるさんの方にお骨を持ち帰っていただき散骨用に粉骨してもらう事と、事前にめぐるさんで購入してもらってあった手元供養の九谷焼骨壺用のアッシュボトルに粉骨を入れてもらうように依頼しました。
6月19日(日)朝、妻の実家に両親&犬達を迎えに行き、まずはマザー牧場に行きました。マザー牧場に来たのは娘が小学校の時以来でしょうか・・・、
2万5千本のペチュニア桃色吐息を眺めつつ、
0001010.JPG
ドックランの道のりを歩いて行ったのですが、まきばゲートからドッグランの道のりが意外と遠く、ドックランに着いたころには、犬もお疲れで結局ドックランで犬は走りませんでした。混み合う前にバーベキューテラスでお決まりのラム肉でジンギスカンを食べました。
0001011.JPG
犬も一緒に居られる場所があったので助かりました。食事を済ませてお土産を買ってから、帰りは山の上エリアからまきばエリアまでは遊覧トラクターで移動しました。マザー牧場を出てから道の駅に寄りながら、早めに今回の宿犬と一緒に泊まれる鴨川「ご遊庭」にチェクインしました。
0001013.JPG
夕食は本館鴨川館のレストランを利用するか、ルームサービスを利用するか犬の様子を見ながら検討した結果、ルームサービスを利用することにしました。生ハムサラダ、牛タンシチュウー、刺身船盛、金目鯛の煮付け、デザートを注文しました。
0001015.JPG
0001002.JPG
0001014.JPG
0001016.JPG
0001017.JPG
どれも美味しくいただきました。部屋も広くて綺麗で温泉ジャグジーバスもついていましたが、娘が入っただけで皆は結局、本館の温泉風呂に3回入りに行きました。朝5時過ぎに、犬の散歩で鴨川シーワールド前の海辺を散歩しました。
0001019.JPG
0001018.JPG
数時間後にはこの沖で散骨するんだなぁと思いながら海を眺めました。チェックアウトしてから、散骨に出発する勝浦の港まで車で40分位かけて移動しました。
0001001.JPG
港には海洋散骨めぐるさんのスタッフ2名と船長とスタッフが既に出港準備をしてくれており、船室で粉骨したお骨、供養に使う花なども確認させていただきました。骨の量は今回散骨用の袋2袋位が普通らしいのですが、しっかりした骨で4袋摂れたことと、骨の質も硬く通常よりも粉骨が粗目との事でした。重粒子線や抗がん剤治療をしたにも拘わらず、良いお骨で良かったです。妻が好きであったビールとサラミは途中のコンビニで調達、好物のバームクーヘンはマザー牧場で買っておいたので、これらも散骨セットに入れてもらいました。その後諸注意、ライフジャケットを装着していざ出港!当初勝浦から鴨川沖までは50分長くて60分位との話でありましたが、向かい風とうねりのおかげで、船の揺れが大きく、到着まで80分位かかりました。
0001003.JPG
鴨川シーワールド沖で鐘を鳴らし黙祷しながら一周、その後、お骨、ビール、お酒、バームクーヘン、サラミ、たくさんのお花を海に帰して、0001005.JPG
0001006.JPG
0001007.JPG
0001008.JPG
0001009.JPG
船で散骨した辺りを3周して最後の別れをした後、勝浦港に向かいました。船長曰く、鴨川沖で帰したお骨は黒潮に乗って銚子沖まで行き、その後向きを変えてハワイの北を通り何れアメリカ西海岸カリフォルニアの辺りまで到達するとの話がありました。ハワイは妻と一緒に行けたけれど、西海岸は行ったことが無いので、妻が一足先に行くのかも知れません。もう少し波が高いと鴨川沖までは行けなかった事、当初雨予報の天気が、雨降らずで散骨できたことは、妻の持ち合わせている運が強いのかなぁと思いました。
今回海洋散骨を依頼した(株)めぐるさんは、お骨の預かりから散骨当日も同じスタッフがきめ細かく対応してくださり、粉骨もギリギリまでお骨を家に置くことができ、お骨が家に無い期間を最小限にしてくれたり、妻が青い花が好きで、葬儀の際も青い花を花祭壇に入れたとの話をしたところ、散骨に使うお花に青い花も用意してくれたりと、非常に良い散骨をすることができました。自分も妻と同じところに散骨してもらおうかなぁと思いました。
約1週間後に、撮影してくれた写真データと散骨証明書が送られてくる予定です。散骨証明書に散骨した緯度経度が記載されているので、同じところに散骨することも可能です。

子宮がん ブログ紹介サイト
にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ
にほんブログ村

子宮がん ブログランキングへ

子宮頸がん ブログランキングへ

四十九日 [徒然]

昨日5月29日が丁度四十九日でした。無宗教で仏教徒ではないのですが、生前妻も四十九日が過ぎたら散骨してほしいと言っていたように、一つの区切りとして近親者で集まり故人を偲んで、食事をしました。自宅にはプリザーブドフラワー教室でお世話になっていた花屋さんに、前日に生花のアレンジメントフラワーが届くように注文しておきました。届いた成果は白のトルコキキョウ、バラを中心に妻の好きであった青色の生花も織り交ぜて素敵なアレンジメントが届きました。霊前で故人を偲んだ後、祝い事で良く利用して、妻も好きであった「梅の花」に行って会席料理ををいただきました。予約の際に四十九日で故人を偲ぶ会であることを伝え、持参した写真を飾る場所を作っていただきました。陰膳は用意せずに、妻が好きであった豆腐焼売と鳥の唐揚げ、クリームコロッケ、梅ジュースお供えしました。ひとまず一区切りで、来月散骨を予定しておりますが、精神的には中々区切りがつかないのが現実で、ふとした時に妻の事を思っては凹んでいるのが現状です。朝は5時から5時半には目が覚め、その割に夜も熟睡できていない気がするので、良さそうな快眠サプリメントがないかネットで調べています・・・

子宮がん ブログ紹介サイト
にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ
にほんブログ村

子宮がん ブログランキングへ

子宮頸がん ブログランキングへ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。