So-net無料ブログ作成
検索選択
はじめに ブログトップ

ブログ記載にあたり [はじめに]

妻の子宮頸部腺癌治療として重粒子線を使用した治療の経緯と治療後についてパソコンの苦手な妻に代って綴って行きたいと思います。
重粒子線治療に辿り着くまで、子宮頸部腺癌の治療について良い方法はないかと、Webを利用して色々調べましたが、なかなかヒット数が少なく初期段階での治療候補となり得ませんでした。元々2012年現在重粒子線治療施設が、全国に3カ所(千葉群馬・兵庫)であることと、子宮癌治療は千葉のみで実施中となっており、臨床治療→先進医療となる狭間であり治療成績も他の癌に比べると低いこと、千葉で行われる重粒子線治療全体が800人程度であること(子宮癌患者はその内少数)、高齢の子宮癌患者が多いことから、そもそもブログ等、生の治療情報が発信される状況ではなかったことが、妻の治療を通して感じましたので、今後同様の治療を検討されている方々への参考となればと思いブログを始める事にしました。治療直後の妻は抗がん剤との併用による副作用や垂直照射時と後半の照射範囲縮小後は膀胱に注水が必要な事などから、全ての人に両手を挙げて勧めるということはできないと言っていましたが、治療後の生活の質等メリットが多い治療であることから、子宮頸部癌進行度Ⅱ以上の方には是非検討の一つに加えていただきたいと思います。
本ブログは治療後にボチボチ書いているので、投稿日と治療日は一致しませんのでご了承下さい。

にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
はじめに ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。