So-net無料ブログ作成

4月9日の様子 [緩和ケア]

昨夜は、鎮静剤の効きが悪く点滴後1時間位は寝ることが出来ましたが、その後は目が覚めて、嘔吐も朝までに3回くらい繰り返しました。都度背中をさすり、終わり頃にナースコールをして、吐瀉物の処理と、氷、氷水の手配をお願いしました。看護士さんから、痛み止めか、鎮静剤かどちらかを点滴しましょうかとの提案で、AM2:30頃に痛み止も点滴しましたが、思うような効果がありませんでした。5時半の嘔吐のあとは、8時位までは少し落ち着きました。但し酸素濃度が、92迄低下していたため、軽めの酸素吸入を行うことになりました。落ち着いたのを見計らってコンビニへ朝食を買いに行き、部屋の前のベンチスペースで食事をしました。口の中の渋みが、気になるらしく、可能であれば、ベッドの上ではなく洗面所で歯磨きがしたいとの希望を看護師さんに伝えたところ、暫くしてから、部屋の洗面所はユニットバス一体で、段差もあり幅的にも車椅子で入ることが不可能であることから、丁度空いた部屋の洗面所は直に部屋の壁に取り付いているため、車椅子のまま歯磨き可能とのこと、早速介護士さんと看護士さんで車椅子に移し代えて歯磨きをしに行くことができました。その後も複数回嘔吐がありましたが、昨日よりは頻度は落ちているものの、体力は確実に昨日より落ちているので辛さと言う点ではむしろ昨日より辛そうで、午前中先生の回診では、「早く楽になりたい」と言っていました。先生からは、鎮静剤を日中も使用することの提案と、今半分量で使用している鎮静剤の量を標準量で使用する提案がありました。まだ、家族が見舞いに来る日中に鎮静剤を使用するのは本人的にヨシではないようです。歯磨きの時に車椅子に乗れたので、車椅子で外まで行き家の猫を連れてきて会わせたいと思い、妻に確認してみると「無理!」との回答でした。準備をしてくれていた看護師さんに伝えると緩和ケア病棟はケージで見えないように部屋に連れてくれば、ペットを連れてきても大丈夫、但し守衛さんに伝えるので来る時間を教えてくださいとのこと。義姉と姪にお願いして、愛猫を連れてきてもらいました。慣れていない場所であることから、ゲージからなかなか出てこない猫を見て、「可愛そうだから直ぐに連れて帰って!」とのことで、数分間のご対面となりました。身体の置場がないのは、昨日以上で、何度も看護師さんに位置を代えてもらっています。夕方6時過ぎくらいからは、熱が38度位まで上がっており、常時使用しているアイスノンの交換頻度をあげて対応してもらっています。これから鎮静剤の量を昨日の倍の標準量で、安定剤もいれて点滴を落とすことになりました。今日は薬が良く効いてくれることを祈ります。
今晩は付き添い前に、夜私が一旦家に戻り、夕食と入浴を済ますまでの間は、娘が、付き添っていてくれました。娘に感謝。明日が安らかに過ごせます様に・・・

子宮がん ブログ紹介サイト
にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ
にほんブログ村

子宮がん ブログランキングへ

子宮頸がん ブログランキングへ

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。