So-net無料ブログ作成

4月7日の様子 [緩和ケア]

今日は朝8:30から12:30迄、葬儀会社2社に自宅に来ていただき、色々な話を伺いながら、概算見積もりをいただきました。内1社は、こちらが希望している宗教色のない自然葬にあまり見識が無いことと、会場にモニターの設置が不可能で、写真を流すなどの演出ができない事から、見識もありそうで、モニターの設置可能なもう1社にしようと思います。
昨晩は、PM10:30頃に鎮静剤を点滴で落としてもらいAM2:00位まで睡眠はできたようですが、その後は薬を使わず起きている事が多かったようです。昼過ぎと夕方に嘔吐があり、吐瀉物の色は緑色で、以前腸閉塞で大学病院でのイレウス管を使っての吸引時に吸引されていた液体と同様の色合いでした。昨日までは何とか手で支えながら半身を起こして氷を食べられておりましたが、今日は身体を起こすこともままならず、寝ている状態でスプーンを口に持って行き食べさせる状況でした。張りと痛みのあるお腹はミニ湯たんぽで温めながら、頭と腕はアイスノンで冷やす状態で、身体の収まりのいい場所が中々見つからない状態が続きました。先生の回診の際には、本人から先生へ「この状況はいつまで続くのでしょうか?」との質問をしておりましたが、先生からは個人の体力や状態によって様々で1週間かも知れないし、2週間かも知れないし、2、3日かも知れないし何とも判らないものの、痛み止めの増量や、昼間でも鎮静剤を使用して眠って休むこともできますとの説明がありました。但しその後も何度か辛そうな様子をみた看護士さんが、レスキューの点滴を勧めてくれましたが、体力が落ちることを危惧してか、今日は頑なに固辞していました。明日の夜は病室に泊まれるように看護士さんに布団等の手配を依頼しました。明日は天気も回復するようなので、少しは状態が良いことを祈ります。

子宮がん ブログ紹介サイト
にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ
にほんブログ村

子宮がん ブログランキングへ

子宮頸がん ブログランキングへ

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。